本当に無意味なことをしている

   2019/10/25

宿題を無くした家庭の実例

これも実際に宿題を家庭からなくすという選択をした家庭におきた事です。

 


 

syo2-2

 



 

 

平和デス。

 

宿題制限は、当初一部だけさせていましたが・・・本人のストレス度が高くすべて自動マシーン稼働してから、宿題させるために子供を怒ることがなくなり、平和デス。
宿題をさせていると、ついついおこることやあそびの制限が起きます。
現在は家庭で安心して過ごせるようです。

 

そう、宿題をさせて怒らないでいられる親は本当に少ないです。

他人の子だと怒らないでいられますが、我が子は難しい。やっても学力にならない上に親子関係を悪くする宿題をやらせる理由はありません。

 

本当に無意味なことをしている

必要ないことがひしひしと感じられます。

本当に無意味なことをしていると思います。

学校で勉強しているのに、さらに持ち帰る意味が分かりません。

子どもの時間を侵食し、勉強嫌いにするだけです。

 

その通りですね。だから勉強嫌いの子どもばかりです。勉強が嫌いだから勉強しろと言う人がいないと自分で何かを学ぼうとしない大人になります。

学ばないで、言われたことを考えずに言われたとおりにする人間が多いと管理する方は楽で良いでしょうね。

 


 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA