小学生の君へ

   2016/08/25

宿題が嫌い、

わかっている計算ドリルなんてやっても意味がない、

わからない計算ドリルなんてやっても意味がない、

漢字ドリルなんて見るものいや、

書けば書くほどわからなくなる、

同じことの繰り返しの宿題なんてやりたくない、

もっと楽しい、頭を使う勉強をしたい、

そう思っている小学生の君へ

君のその感覚は正しい。

計算ドリルや漢字ドリル、音読の宿題なんかやっても頭は良くならない。

いや、やればやるほど頭が悪くなっていく。

世の中にはやればやるほど頭が悪くなっていく宿題を子どもにさせない親がいる。

習い事も嫌々通わされるなんてことはしない、毎日外で思う存分遊んでいる子たちがいる。

そして、そういう子は「頭が良い」から中学生になってからも、たくさん勉強しないで好成績をとる。

塾にいく必要もない。

毎日たくさん寝ることができ、自分がやりたいことに時間をかけることができる。

もしも、君がそっちのほうがいいと思ったら

” 絶対学力 ”という言葉を調べてごらん。

そして親にたのむんだ。

「僕は、私はこれを身につけたいやりたい」 と。

 


 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA