宿題を増やしてという親

   2016/06/02

子どもは知っている

 

同じ先生なのに、急に宿題が増えたり、減ったりすることがあります。

大抵、子どもたちはその原因を知っています。

「誰々のお母さんが宿題を増やしてください!って言ったんだってさ」

頭がおかしいとしか思えません。

大体その理由が、

”宿題がないとずっとテレビやゲーム機で遊んでしまう”
というレベルの低いものです。

 

責任を放棄する親

 

親の責任を放棄して、学校の先生に何とかしろというモンペですね。

宿題が少なかったら、家庭学習を子どもに合わせて用意すればいいだけの話です。

別に塾に通わせなくても、ドリルならたくさん売っています。
(学力養成とは無縁のただの作業レベルのものが多いですが)

お金をかけなくても、教科書の問題を復習させることもできるでしょう。

間違えたところをとっておいて、そこをじっくり理解する学習もできるでしょう。

 

自分の手抜きの子育てのせいで先生の手間が増えたり、他の家庭では増えた宿題で親子バトルが勃発したり、睡眠時間が減る子が増えたりすることが想像できないのでしょう。

でなければ、”宿題を増やしてください” なんて言えないはずですからね。

 





 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA